本せどりで稼ぐ為に不可欠なブックオフのセールを完璧に知ろう

こんばんは、HIROです。

 

本日はブックオフのセールについてですが、

かなり基本的な話なので、初心者以外の方はスルーして下さいね。

 

「本せどり」で稼ぐ為には、ブックオフのセールは必須なものだと言えます。

 

もし、セールが無ければ、

私自身も稼げる金額はかなり減少するのは間違いないでしょう。

では、まずセールの種類についてですが、私が重要視するのが、

 

1.単行本500円均一

2.半額セール

3.雑誌半額

 

ですね。

 

まずは、この3パターンを抑えることがポイントになります。

 

と、その前に、

 

セールでは105円や200円均一を狙うより、

プロパーと呼ばれる、

ブックオフでは高額(約定価の半額)な値付けの棚を中心に狙っていきます。

 

仕入れ金額が少し高くなりますが、

このチャンスは果敢に攻めるべきですね。

 

 

そして、やはり一番お宝が眠っているのが単行本です。

 

単行本は大きく2種類に分けられます。

ハードカバーとソフトカバーですね。

 

ハードカバーの方が定価が高いので、

当然、高額な本に出会うことが多くなります。

 

ここで、「500円均一」と「半額セール」では、

少し狙うものが違ってきます。

 

わかりますか?

 

 

まず、500円均一の場合、

もともと高額なハードカバーが、かなりお得だと言えますよね。

 

定価が4000円で、それがブックオフでは通常2000円で売られていたとしても、

500円なわけですから。

 

じゃ、半額の場合はどうでしょうか?

 

この場合は、500円均一では誰もとらないソフトカバーの低額な本が、

「オイシイ」というわけです。

 

例えば、450円の本だと225円で買えることになります。

 

といった感じで同じセールでも、狙う本を見極めることで、

高利益の本がとれる確率は全然違ってくるんです。

 

本日は、セールについてでした。

 

 

コメントを残す