「Yahooがブックオフと提携」またまた「せどり業界」が・・・

こんばんは、HIROです。

 

先日、またまた「せどり業界」を騒がす、こんなニュースが流れましたよね。↓

Yahoo! JAPANとブックオフが資本・業務提携

 

いつものことですが、こんなニュースが流れると、

もう「本せどり」は稼げなくなるとか、だから電脳せどりの時代だとか、

いろんなことを言う人が出てくるんですよ。

当たり前ですが、今後一生ブックオフに通って稼ぎ続けれるわけがありません。

というか、今は1つの仕事で稼ぎ続けれる時代ではないんですよ。

 

だから環境の変化に応じて、あなた自身も変化する必要があるのは確かです。

だから、このブログのテーマは『「本せどり」から始めて人生を変える』としています。

 

しかし、Yahooがブックオフの筆頭株主になって、

ヤフオクでブックオフが買い取ったものを販売するようになるから、

もう「本せどり」で稼げないなんて、おかしな話です。笑

 

全てがそうなるわけでもないし、おそらくほんの1部の話でしょう。

それに、ブックオフの店舗が無くなるわけじゃないですしね。

 

さらに言うと、これらはあくまでもブックオフの直営店の話であって、

私たちの周りにある、ほとんどの店舗はフランチャイズで個人経営です。

 

あくまでもブックオフにお金を払って、のれん分けしてもらっているだけに過ぎません。

 

そんなフランチャイズ店の本をヤフオクで売るわけでもないですから、

そういった店舗はこれまでと一緒だと思いますよ。

 

私なんか、最近は直営店では仕入れはしていません。

ここ何ヶ月は、お店にさえ行ってませんからね。

別に直営店がなくても、毎月50万円ぐらいは十分稼げるんです。

 

いろんなニュースが流れるたびに、

もう「せどり」は稼げないんじゃないかと不安になっている暇があったら、

どんどん行動して稼げるようになって下さい。

 

そしてその後は、「せどり」以外の収益源を作っていけばいいんですよ。

 

はっきり言っておきますが、まだまだ「本せどり」は稼げます。

 

CDやDVDなしの「本せどり」だけでもです。

 

まあ、ブックオフも売上が伸び悩んでいろんな対策をしているわけですが、

本来ブックオフは、普通の人が気軽に本を売りに行くことができて、

なおかつ、中品本を安く買えるから成り立っているんですよ。

 

もし、アマゾンと変わらない価格でブックオフで売っていたら、

ほとんどの人がアマゾンで買うでしょう。

 

だって、あの大量の本の中から探す手間を考えれば嫌になりませんか?

わざわざブックオフに探しに行って、目的の本がない場合もあるわけですからね。

安く買えるから、その手間をかけてもいいかなと考えるわけです。

 

せどりの役割としては、あのブックオフの大量に陳列されている本棚から、

検索一発で見つけれるアマゾンに運ぶことに意味があるわけです。

 

そこに価値が生まれています。

だからお金に変わるんです。

価値を生みださないと、お金は発生しませんからね。

 

ブックオフは価値や役割を忘れて、

現在直営店がやっているような値付け(ネット価格に合わせる)をしても、

うまくいくわけがないんです。

しかも買取り価格を高くしているので、利益も薄くなるという。

 

ブックオフは何をやっているんでしょうね。笑

 

とにかく、さっさと「本せどり」で収入の基盤を構築しましょう。

 

以上です。

 

 

コメントを残す