「電脳せどり」と「リアル店舗せどり」どっちが儲かる?

こんばんは、HIROです。

 

最近では、リアル店舗を仕入先とするだけでなく、「電脳せどり」と呼ばれるネットで全て完結するタイプの「せどり」をやっている人もいます。

ネットで仕入れてアマゾン(ネット)で売るわけです。

 

商品を探すツールなんかも出回っていますよね。

 

あれって儲かっているんでしょうか?

はっきり言うと、稼げている人はいます。

ただ、極1部の人たちだけですけどね。

再現性はかなり低いでしょう。

 

なぜなら世の中には、圧倒的に楽して稼ぎたい人が多いからです。

 

「リアル店舗のせどりはめんどくさい」「仕入れがしんどい」・・・。

なんて言って、「電脳せどり」を始める人が多いんですが、

結局、稼げてない人がほとんどです。

 

楽して儲かるものなんてありません。

「電脳せどり」であっても、工夫に工夫を重ねて頑張っている人は、

稼げているだけのことです。

 

それに、どうしてもライバルが多くなります。

ライバルは日本全国にいるわけですからね。

 

だから、ある新しいツールで稼げていても、

それを使う人が増えてくれば、すぐに稼げなくなってしまいます。

 

それと見つかる商品の利益が薄いです。

「本せどり」なんかだと、仕入れ金額の何倍にもなるものが見つかりますが、

「電脳せどり」では、まずそんなことはありえませんからね。

 

先日も話しましたが、リアル店舗のせどりは、

例えばブックオフからアマゾンに運ぶことに価値があり、

その価値がお金に変わっているわけです。

 

価値を生み出さなければ、お金は稼げません。

この原理原則を絶対に忘れないようにして下さい。

 

だからネットに溢れる「楽して儲かる話」に騙されないで下さいね。

楽して儲かったとしても、どうせすぐに稼げなくなります。

なぜなら、楽なことはみんなが始めるからです。
これって、極当たり前の話ですよね。笑

冷静に考えればわかることなのに、楽を求めるのが人間なんです。

 

普通の人が、ブックオフのあの膨大な本の中から目的の本を見つけるのは大変です。

時間をかけて探してもないかもしれないですし。

そりゃ、ネットで検索してアマゾンで買うほうが楽だし簡単ですよね。

 

それを代わりにやることで成り立っている仕事が「せどり」なんです。

 

だからブックオフなどのリアル店舗で、

価格差があるもの(リアルとネットとの差)を探すスキルがあれば、

必ず稼げるようになるということです。

 

その最も効率的な探し方を、他の人がやっていない方法を、

今度の企画では公開していきたいと思っています。

 

コンテンツもだいぶできてきました。

少し遅れ気味ですが、

かなり濃厚なノウハウになっています。

 

まずは、「本せどり」で稼げるようになりましょう。

そして、その後は次の世界へ。

 

近々公開しますね。

コメントを残す