せどりはライフワークではなくライスワークとしてやれば成功する

こんにちは、HIROです。

 

『ライスワーク』って言葉聞いたことありますか?

そのままなんですが、ゴハンを食べるための仕事って意味ですね。

それに対して『ライフワーク』って言葉もあります。

これは生きがいを感じる仕事とでも言いましょうか。

 

この2つは、仮に2人の人が同じ仕事をやっていても、

それぞれの捉え方次第で全く違うものになってしまいます。

当然、最終的にあなたの『ライフワーク』を見つけるべきなんですが、

ただ現実は待ってくれません。

生きていくためのお金を稼ぐ必要があります。

 

子供がいる人もいるだろうし、 年老いた親のお世話をしている人もいるでしょう。

生きるということは、あただけの問題ではないことが多いですからね。

だから、人は好きでもないが、何らかの仕事について働き給料をもらいます。

 

 

それこそ『ライスワーク』ですよね。

その仕事が『ライスワーク』であり『ライフワーク』になっている人も中にはいるかもしれませんが、そんな人はほとんどいないのではないでしょうか?

 

もし、そうならあなたはネットビジネスやせどりなんてやる必要ないかもしれません。

ただ、その仕事を一生続けれるかどうかの保証はないですけどね。

 

せどりというビジネスは、はっきり言って『ライスワーク』です。

この思考が非常に大切になります。

 

これが『ライフワーク』だと少しでも認識してしまうと、

それが、挫折する原因になってしまうんです。

 

「なんか、やっていて楽しくない」 「他人の目が気になる」 「本が重い」 「仕入れが疲れる」 ・・・・。

なんて、できない理由ばかり探し出します。

 

これは、せどりに限らずどんな仕事でも同じじゃないでしょうか。

 

この『ライスワーク』と『ライフワーク』の違いをしっかり認識することです。

そして、まずは生活の基盤を作り他人に雇われることから開放されて、

それができたらさらに新しいことにチャレンジして、

あなたの『ライフワーク』を探して下さい。

 

『ライスワーク』が確立できていないのに、

『ライフワーク』を求めるからおかしなことになるんじゃないでしょうか。

 

せどりは、あくまでも「ライスワーク」と割り切ってやっていきましょう。

すると、意外に簡単に成功できてしまいますよ。

なぜなら、やることは単純で簡単だからです。

 

以上。

コメントを残す