ブックオフの棚入れ時間を把握して最大効率のせどり・・・?

こんにちは、HIROです。

 

ブックオフでは、毎日新しく買い取った本をチェックしたあと、棚に補充していくわけです。

当たり前の話ですが、その本は狙い目ですよね。

 

利益が出る本がある可能性は大です。

よく、ストッカーに置いてあるのがまさにそれです。

(棚に補充する前ですね)

実は、この棚入れ時間がだいたい決まっている店舗があります。

その時間を把握していれば、仕入れが効率良くできるというわけなんです。

 

が、しかしですね。

当然、それは他のせどら~も知っています。

 

ここで醜い取り合いをする人たちがいるんです。

全部自分ががめてやろうなんてあつかましい連中がいます。

 

実は、少し前にもその現場に遭遇したんですが、

ストッカーが出てきて2人のせどら~が本の奪い合いをしていました。

しかも、2人の一般のお客さんが見ようとしているのは完全無視です。

 

そのときストッカーを持ってきた店員を見ると、かなり怒ってました。笑

「他のお客さんの迷惑になりますので(怒)」

さらに、その店員のことも無視していましたからね。

驚きです。

 

こういう人たちがいるのでせどりを嫌う人が出てきたり、

ブックオフがせどり禁止にするんです。

 

これは絶対にやらないで下さい。

せどら~のマナーが悪すぎると、せどり自体が禁止になってしまいます。

これって自分の首を自分で締めているわけですからね。

 

ストッカーを見るのは別に構わないと思うんです。

店側も見てもらうために置いてあるんですから。

 

私もタイミングが合えば見たりしますが、

他のせどら~がいれば仲良く分け合いますし、

一般のお客さんがいれば気を遣います。

 

それぐらいのマナーは守って「せどり」をやりましょう。

 

 

コメントを残す