せどりは脳の中のイメージで成功できれば行動できる

こんにちは、HIROです。

 

最近、メルマガ読者の方からいろいろ質問がくるんですが、

その中で特に多いのが、初期段階でつまづいている人ですね。

 

これは本に限らず、どんな「せどり」をやるにしても言えることなんですが、

初期の段階は、細かいことは気にせずとにかく仕入れに力を入れないといけません。

 

せどりというビジネスは、

とにかく在庫が増えてこないことには話になりませんからね。

まあ、物販であれば全てそうなのですが、

売るものが少ない段階で、売れないと悩んでいても話にならないのです。

 

あと、評価がなかなか増えないのも一緒です。

結局、売れた本の絶対量が増えてくれば自然と評価も増えてきますからね。

 

 

最初の段階では、全てが始めてなので、

どんな人であっても、どうしても不安があるものなんです。

 

「このまま仕入れていって、本当に売れるんだろうか?」

「損失が出てしまうんじゃないだろうか?」

「在庫が余ってどうしようもなくなるんじゃないだろうか?」

「実は、無駄なことをやってるんじゃないだろうか?」

っていうことが頭をよぎったりするんじゃないですか?

 

正直、私もこういった不安がなかったかというと嘘になります。

いくら違うビジネスで成功していたとしても、

新しいことを始めるときは、不安はつきものなんです。

 

ただ、実際に成功している人と話したり、たくさんの成功事例を知ることで、

その不安を打ち消し、ひたすら行動を続けてきました。

 

結果、本が実際に売れていくという経験をするようになり、

時には、高額な本も売れたりしました。

そんなことを繰り返してきたことで、自信が生まれてきたんです。

 

しかし、この不安はどこから生まれてくるのでしょうか?

 

実はこの不安、「お金」と「時間」に対するリスクが元になっています。

 

せどりをスタートするのに、ある程度の資金は必要です。

様々な道具類、仕入れ、必要経費(ガソリン代・駐車場などの交通費)・・・。

 

これらに使ったお金を損するかもしれない恐怖と、

せどりに使った時間が無駄になるんじゃないかということ。

(お金に余裕がある人は、特に時間の無駄が気になるはず)

 

しかし、いくら家で考えていても不安は消えません。

だって、それは妄想ですからね。

 

不安を打ち消すには、行動するしかないんです。

 

なのに行動せずにいると、次第にやる気も無くなってきて、

結局、チャレンジもすることなしに元通りの日常にもどってしまいます。

 

あなたの人生は変わらないのです。

 

せどりなんて、行動さえできれば誰でも稼げるようになるものです。

しかし、その行動を起こさせるには確信が必要になります。

 

もう少し具体的に言うと、脳の中のイメージで成功できていればいいんです。

なぜなら、私たちは行動する前に必ず脳でシュミレーションをしているからです。

 

これは、どんなことをやるにしても必ず無意識でやっています。

 

そして、イメージでうまくいかないことは、不安が生まれ行動できなくなるんです。

 

じゃ、どうやって脳の中のイメージで成功体験をするかというと、

さっきも言いましたが、成功者に触れることが一番かなと思います。

触れれば触れるほど、イメージが鮮明になってきますからね。

 

こうやって脳の仕組みをきちんと理解すれば、

自分の行動を思い通りにコントロールすることは難しくないのです。

 

以上です。

コメントを残す