せどりはトレンドを把握することでチャンスが拡がります

こんにちは、HIROです。

 

トレンドを意識していますか?

 

せどりというビジネスが成り立つための原理原則は、

需要と供給のバランスです。

 

需要がないものは、当たり前の話ですが売れません。

しかし、いくら需要があっても過剰に供給されれば、

値崩れがおき、アマゾンでよくある1円本になってしまいます。

 

その需要を生み出すものとして「トレンド」があります。

この「トレンド」を意識していれば、

利益の出るかもしれない本を見つけ出す可能性が高くなるというわけです。

 

実は、先日ブックオフでこんな本を見つけてそくカゴに入れました。↓

hot

 

さっそく調べてみると、こんな感じになっていました。↓

WS000962

 

 

品質は、かなり良くて、

しかも、108円・・・↗。

 

これは、まさにトレンドを捉えた仕入れと言えます。

この「ホットロード」が映画化されているのはご存知ですよね。

能年玲奈と「三代目 J Soul Brothers」の登坂 広臣が主演の話題の映画です。

 

実は、昔「少年ジャンプ」だったか「少年マガジン」だった忘れましたが、

連載を読んでいた漫画でした。

個人的には、そんな好きではなかったんですが・・・。

 

最近は昔の漫画が実写映画化というパターンが多いですよね。

これはチャンスが多いといえます。

映画化されると、一気に関連したものの需要が高まるので、

2000円近くの値がついているものが108円で手に入ったわけです。

 

この3ケ月の価格推移を見ても、それが顕著に現れています。↓

WS000964

 

トレンドを意識することで、チャンスは広がるというわけですね。

 

アンテナ張っておきましょう。

 

 

 

コメントを残す