中古CD・DVDせどりのメリット・デメリットを考えてみました

こんにちは、HIROです。

 

10月も終わり、2014年度もあと2ヶ月になってしまいました。

年末が近づいているなんて、全く実感がわかないのは私だけなのでしょうか?

(日本列島暑すぎなんで)

 

年末と言えば、せどら~にとっても稼ぎ時ですよね。

なぜなら、多くの人の財布の紐が緩むときだからです。

 

せどりで本だけでなく、いろいろなものをあつかうようになると、

それを実感することが多くなったりします。

 

で、今日は中古のCD・DVDをあつかうメリット・デメリットについて考えてみました。

(新品の場合は、少し違ってきますけどね)

 

 

まず、メリットについてですが、

 

1.本に比べて高単価になるので1商品で大きな利益がとれる

(先月はあるDVDボックス1コで2万円の利益がとれました)

2.本に比べて重くないし仕入れる量も少なくてすむので楽できる

(本はたくさん仕入れると運ぶのが大変ですからね、特に女性は。)

3.自分の聞きたい(観たい)ものが出てくると観たりコピーしてから売れる

(現在、観ていなかった「プリズンブレイク」をシーズン1~4まで購入して観ています。笑

観たら売ります。利益もしっかりあるんですよ。)

 

では、デメリットはというと、

 

1、本に比べて仕入れや出品に時間がかかる

(付属品やディスク・ケースの傷などチェック項目が多いのでけっこう大変)

2.単価が高く利益率が低いので仕入れにお金がかかる

(仕入れに使えるお金、もしくはクレジットカードに余裕があれば問題ありません)

3、本に比べて絶対量が少ないので仕入れに限界がある

4.アマゾンランキングやamashowをしっかり見て仕入れないと売れ残りが出る

5、本に比べて品質が悪いと売れにくい

(だから品質が悪いものは仕入れないほうがいいですね)

 

と、ざっと思いつくものを上げてみました。

まあ、本だけでなくCDやDVDを取り入れることで、

仕入れの幅が拡がることは間違いないです。

 

ただ、新品せどりは少し難しいので気をつけて下さい。

 

 

ブックオフでは、CDやDVDはネットの価格に合わしているので、

セールじゃないとまず利益がとれるものは見つかりません。

 

店舗にもよりますが、

20%オフ・30%オフ・半額のセールをやっていると思いますので、

一度行って検索してみるといいかもしれませんね。

 

基本は本と一緒なので、たくさん検索していくとだんだん分かってきますよ。

 

特にCDやDVDはトレンドを掴むというのが重要だと思います。

 

最近だと「関ジャニ」なんかは利益がとれるものが多いですね。

見つけたらとりあえず調べてみて下さい。

 

ただ、購入するときは必ず、

ディスクの盤面のチェックと付属品の有無を忘れないように。

 

仕入れたけど盤面傷だらけだったら売れないです。

もしくは「可」出品になるので価値がかなり下がります。

 

では、年末に向けてガンガン仕入れていきましょう。

 

 

せどり講座の案内ですが、今しばらくお待ち下さいね。

 

 

PS

 

今月は売上が150万円を超えました。↓

WS000982

売れた数はそんなに変わらないのですが、単価が上がったのが要因ですね。

 

利益は、粗利で約60万円ぐらいです。

やはり、ブックオフせどりは利益率が高い。

 

コメントを残す