「せどり」で稼ぐために高額本リストは必要なのか?不要なのか?

おはようございます、HIROです。

 

「せどり」で仕入れをしているとき、

おもわぬ高額な本に出会うことがあるんですが。

 

その瞬間、ドーパミンが脳から溢れてくるのがはっきりわかります。

(ドーパミンとは、人間を高揚させる脳内物質です)

例えば、105円や200円で買ったものが5000円以上で売れたりしちゃいます。

現在では、1ケ月で少なくとも数冊~10冊はこういった本が売れるんです。

 

これって、すごいことだと思いませんか?

 

私は、投資なんかもやるんですが、

利益率だけ考えると、「せどり」に勝るビジネスはないですね。

 

しかし、そんな高額で売れる本をどうやって見つけるのかというと、

 

よくある「せどりの教材」や「無料レポート」なんかで、

「高額本リスト」なるものが配られています。

 

はっきり言って、そんなリストに載っている本を見つけることはまずありません。

たまにブックオフで、リストを持って必死で探している人がいるんですが、

見ていると、かわいそうになります。

 

あ~、変な教材購入したかレポート読んだんだなと・・・。

時間の無駄なのに・・・。

 

だから結論は、「高額本リスト」なんていりません。

 

では、どうやって見つけるのか?

 

それは、「優秀なシステム」があれば大丈夫です。

普通に仕入れをやっていると、偶然出会ってしまうんですよ。

 

少なくとも、私はそうやって高額本を見つけています。

 

その優秀なシステムについては、また詳しく話しますね。

 

 

以上です。

コメントを残す