転売で「店舗仕入れVSネット仕入れ」どっちがいいの?

こんにちは、HIROです。

 

本来、せどりや転売というのは店舗で仕入れ、ネットで売るものでした。

が、ネットで仕入れてネットで売ることも可能なんです。

(実際稼いでいる人も多いです)

 

価格に歪みが生まれている商品が、

この世の中には溢れていますからね。

もっと昔は、ある店舗でCDを買って、

違う店舗に持っていって売れば、

利益が出るような転売をしている人もいました。

 

現在ではインターネットが普及し、

買い物の仕方が多様化したことで、

さらに、その歪は様々なものに拡がっていったわけです。

 

せどり人口は1万人とも言われています、

しかし、飽和なんて絶対にありえません。

 

それだけ、この市場は大きいんです。

 

ブックオフ仕入れだって、最近は稼ぎにくくなったなんて言う人もいますが、

まだまだ稼ぐ余地はあるし、稼ぎ続けている人もたくさんいます。

 

まあ店舗仕入れが好きな人もいれば、嫌な人もいるかと思いますが、

やりたい方でいいんじゃないかなと思います。

 

はっきり言ってどちらでも稼げますよ。

 

最近の私は、店舗仕入れメインから徐々にネット仕入れを取り入れています。

(あくまでも国内転売に限ってますが)

 

輸入や輸出っていうのもありますが、

国内だけで十分稼げますからね。

 

なのに、うまくいっていない人が意外にたくさんいます。

その一番の原因が、

あれこれ手を出し過ぎて、どれも中途半端になっていることです。

(転売だけに限らずです)

 

まず1つのことに集中して、ある程度まで極めて下さい。

それから、幅を拡げていくのはいいと思います。

 

ただ、その集中ができないという人が多いのも事実。

 

そんな人は、稼げるようになる確信がなく不安なので、

続けていくパワーが生まれてこないんです。

 

「少しやってみたけど全然仕入れができないんでやめました」

なんて人がほとんどです。

 

じゃ、どうすれば確信できるかというと、

徹底的に正しい知識を詰め込んで、一気に行動することにつきます。

 

そして、不安が増大する前に結果を出してしまうんです。

すると、その結果がまたパワーをくれます。

 

特に、せどりの場合、

最初の2~3ヶ月が勝負になるでしょう。

 

だらだらとやってしまうと、しんどくなって行動できなくなりますからね。

よほど、背水の陣でやるしかない状況に追い込まれているなら別ですが、

多くの人は辞めてしまいます。

 

とにかく「始まり良ければ全て良し」なので、

是非、頑張っていきましょう。

 

PS

この「始まり」というのは、初心者の人というだけでなく、

以前にチャレンジしたけどうまくいかなかったが、

再チャレンジする気になったときのことでもあります。

 

要は、やる気になったときですね。

コメントを残す