「せどり」は仕入れた本を売るためアマゾンに登録する必要があります

おはようございます。

 

本日は、超基本的な話ですが、

全くの初心者の方には必要かと思い記事にしてみました。

 

すでに、せどりを実践されている人は読まなくても大丈夫です。

 

では、はじめていきましょう。

「せどり」というのは、中古の本を仕入れて売るわけですが、

その最も理想的な場所がAmazonなわけです。

 

楽天やヤフオクではダメなのかというと、別にかまわないのですが、

システム的に完成されているのがAmazonだといえます。

 

なぜなら、本の出品が効率的にできることや、

出品者へのサービスが最も充実しているからです。

 

あなたもAmazonで、1度くらいは商品を買われたことがありますよね?

 

あれは、単に商品を購入するための「Amazon」で、

商品を出品するためには「Amazonマーケットプレイス」というのに登録する必要があります。

 

そこで必要になるのが、

「クレジットカード」「メールアドレス」「銀行口座」です。

 

「Amazonマーケットプレイス」では、

「小口出品者」と「大口出品者」というのがあるのですが、

できれば、毎月4900円かかりますが、「大口出品者」に登録して下さい。

 

それは、Amazonに在庫管理や配送を委託できるFBAというサービスを利用できるからです。

 

このFBAを利用しなければ、個人で月商100万円は難しいですからね。

 

「Amazon FBAサービス」についてはこちらを参考に。↓

 

アマゾンFBAを使えば「せどり」をシステム化して月商100万円も

 

 

細かい話をすると、小口出品者の場合は1冊本が売れると、

通常の手数料とは別に100円かかるのですが、

大口出品者だとそれがいりません。

 

よって、月間50冊以上売れると大口出品者のほうが得だということになります。

 

登録のさい、1度はAmazonのマニュアルに目を通しておいてくださいね。

 

では、本日は以上です。

コメントを残す