アマゾンで買ってアマゾンで売る「刈り取り」テクニック

こんにちは、HIROです。

 

本日は、電脳(ネット)仕入れのテクニックの1つ、

「刈り取り」について解説したいと思います。

 

これは、それほど大きな利益は望めませんが、

何かを検索しているついでに見つけたときに簡単に仕入れれるので、

是非、覚えておいて下さい。

 

まず、これを見て下さい。

 

s

WS000003

 

いろいろ検索していると、

このように、1点だけ極端に安い価格で出品されているものに出くわします。

同じ新品だし、コンディションは同じと考えれます。

 

モノレートを見てみても、かなりの人気商品です。↓

s

 

この波打ち具合だと、そんなにかからず売れそうです。

(過去3ケ月間でかなりの数が売れています)

 

これって、この最安値が無くなれば、

10590円が最安値になるわけですよね。

 

じゃ、あなたが買ってしまえばどうでしょうか?

送料込みで7518円で買えます。

そして、10590円で出品するわけです。

 

もし、FBAで出品したとしたら、

FBA料金シミュレーターで利益計算をすると↓

a

 

8672円が入金されます。

ということは、

8672円-7518円=1154円が利益として残ります。

 

これを、誰が名付けたのか、「刈り取り」とか言われています。

 

ただ、これは1つの例として出したものなので、

現実的には、FBAに発送する送料など考慮に入れると、

たいした利益にはならないと思います。

 

が、これを知っていると、

いきなりおいしい仕入れに出会うこともあるので、

チャンスの幅が拡がりますからね。

 

特に、新規出品者で値付けがよくわかっていない場合などによく見かけますね。

 

是非、覚えていて下さい。

 

 

PS

ただ、注意点があるのですが、

この最安値の出品者がどれだけ在庫を持っているかは重要です。

 

在庫が複数ある場合、1個だけ購入しても最安値は変わらないですからね。

 

その場合は、この出品者の出品一覧に行って、

この商品をクリックすれば、在庫数が確認できますので、

忘れないようにチェックして下さい。

 

価格差がかなり大きいなら、全部刈り取っても問題ないでしょう。

(これは、それぞれの仕入れ判断によって変わります)

 

それと、モノレートであまり波うちが少ないものは仕入れない方が無難ですね。

 

 

 

 

コメントを残す