転売ビジネスで新品と中古どちらがいいの?

こんにちは、HIROです。

 

「転売するなら、新品と中古のどちらがいいんでしょうか?」

この質問もよくされるので、

今日は、少し丁寧に話したいと思います。

 

まず正解を言うと、

「どちらもして下さい」なんですが、

ただ、これはその人の環境や性質によって変わってくると思います。

 

なので、新品と中古のメリット・デメリットを理解して、

自分に合ったバランスを模索してみて下さいね。

 

まず、新品の特徴ついてですが、

1.利益率はやや低い

ただし、プレ値商品を見つけたり、割引き率が高いものを見つけると利益が大きい。

(プレ値とは定価以上の価格になっているものです)

2.検品が楽(ほぼ不要)で納品が簡単

3.同じ商品をたくさん仕入れることができる

4.価格競争になりやすいので値崩れもしやすい

5.外注化しやすい

6.クレーム・返品がほとんどない

7、商品知識はあまりいらない

8、仕入れが価格のみの問題なので楽

 

 

中古の特徴は、

1、新品に比べて利益率が高いものが多い

2.検品・クリーニングが大変なので納品も時間がかかる

3.中古なので1点ものが多い(例外もあります)

4.価格競争は少ないので値崩れはしにくい

5.外注化が難しい(不可能ではない)

6.クレーム・返品はどうしてもある一定数出る

7、商品知識がないと仕入れが難しい

8.品質の問題があるので仕入れに時間がかかる場合がある

 

といった感じなんですが、説明していきますね。

 

まず、利益率に関しては、

どんなものを転売するにしても、やはり中古の方が比較的高いです。

ただ、新品でも高い利益がとれるものに出会うこともあります。

特にプレ値がついている商品を見つけたときですね。

 

ただ中古の場合は、検品やクリーニングが必要なので、

FBAへの納品や自己配送での出荷に時間がかかる。

その点、新品は検品が不要で、納品時間が格段に短縮できる。

 

多くの人が副業から始めると思うので、

時間と手間を考えると、新品から始めるのがいいかもしれません。

 

新品の場合、利益率は低いですが、

同じ商品を数仕入れることができるので、

仕入れが楽で、薄利多売で稼ぐことができます。

 

逆に中古の場合は、ほぼ1点ものなので、

同じ商品を複数買えることは少ないと言えます。

 

しかし、それが原因で新品の場合は、

多くの人が同じような仕入れをするため、

価格競争になりやすく、値崩れもおきやすい。

ですが、仕入れ判断を間違えなければ、大きな赤字になることはない。

 

ある程度稼げるようになると、多くの人が外注化を考えますが、

新品の場合は検品などもなく、簡単に外注化できる。

 

しかし、中古は少し大変。

よって、クレームなどのトラブルになりやすいし、

評価などにも関係してくる。

 

新品の場合は、商品知識が全くなくても、

モノレートで仕入れ判断をしていくのは簡単ですが、

中古の場合は、商品知識がないと見つけることが難しい。

 

ただ、本・CD・DVD・ゲームは中古でも検索すれば見つけることはできる。

(ブックオフ仕入れなどは知識がなくても簡単にできる)

 

新品に比べて中古の場合は、

仕入れ判断に品質と価格が関係してくるので、時間と手間がかかる。

 

 

といった感じですね。

大まかな感じでまとめてみました。

 

あなたの現在の環境や状況を考慮して、

何から取り組むのがベストか考えてみて下さい。

 

では、今日も読んでいただきありがとうございました。

コメントを残す