転売で仕入れに躊躇する必要なんてない

こんにちは、HIROです。

 

かなり、お久しぶりになってしまいましたが、

ビジネスは順調に進んでいますでしょうか?

 

私はというと、国内転売、欧米輸入輸出、ネットショップと、

ほぼ物販を網羅するつもりで、やっています。

 

みんさんにお伝えしたいことが山盛り状態になってしまいました。笑

 

ただ、この中の1つを極めるだけで、

月収100万円ぐらいなら十分稼げますので、

あれこれ手を出さずに、1つに集中したほうがいいですね。

 

そして、一番取組みやすいのが、

国内転売になるんじゃないかなと思います。

 

まあ、これは一般的にということで、

海外に特に興味があるとか、将来は海外に住みたいとか、

っていう人は、輸出や輸入が合ってるって場合もあります。

 

国内転売、輸出、輸入を同時にやるメリットとしては、

例えば、1つの商品があっても、

一番安く仕入れれるところ、一番高く売れるところが、

自由に選べるので、ベストな選択ができますね。

 

これは大きいです。

 

が、やはりまずは基礎的な収入の確保が最優先なので、

私のメルマガやブログでは、

国内転売についてが中心になってくると思います。

 

また、国内転売で稼げるようになった人には、

輸入や輸出にも拡げていけばいいんじゃないでしょうか。

 

コンサル生には、その時々で全てを教えていきます。

 

では、本日の本題にいきますが、

物販ビジネスをやっていて、どうしてもぶち当たる壁が、

損するかもしれないから、仕入れが怖いというものです。

 

特に初心者のときは、ない人はいないと思います。

 

この壁が乗り越えれないと、

思い切った仕入れができないので、

ここって時に、大きく稼げるチャンスを逃すんですよね。

 

ブックオフ仕入れの中古なんかをやっていると、

どうしても1点ものが多いので、

1つの商品を何十個も売るなんてありえませんが、

新品をやっていると、よくあります。

 

特にライバルが少ない分野、もしくは商品の場合は、

20~30個まとめて仕入れて、

1ケ月で売り切ってしまうこともありますし、

数ケ月間、コンスタントに7~8個売れ続けていたりします。

 

仕入れ先さえ確保していれば、

ネットで仕入れて、FBAに送るだけなんで、

外注さんを使えば、ほとんどやることはなしです。

 

では、なぜ仕入れに躊躇してしまうのかというと、

損するかもしれないと考えてしまうからですよね。

 

赤字になったら、売れ残ってしまったら、

と考えてしまうのは、普通の感覚だと思います。

 

しかし、私の経験上、

それほど大きな損失を出したことはないし、

売れ残ったものも少しはありますが、

それは、あくまでも仕入れ段階でミスしたものであって、

正しくモノレートの仕入れ判断ができれば、

それさえほぼありません。

 

しかも、その売れ残ったものも半年後とかに、

ポロっと売れて、旅立っていってくれます。

 

だから、あれこれ考え過ぎずに、

経験値を増やすという意味でも、

仕入れてみることが大切ですね。

 

不安な場合は、まず1個仕入れて、

少しずつ数を増やしていけばいいと思います。

 

ただ、国内転売ではプレミア商品で稼ぐことが多いので、

この場合、タイミングとスピードが重要になります。

 

これは、感覚的に理解していく必要があるんですね。

これについては、また話していきたいと思います。

 

ですが、この感覚をつかむと、稼ぐチャンスは無限に転がっているんです。

 

是非、恐れずにチャレンジしていって下さいね。

 

頑張っていきましょう。

 

コメントを残す