『せどり』こそ交換によって財を築いていく現代の「わらしべ長者」

こんにちは、HIROです。

 

私が情報発信しているメルマガでは、

『情報ビジネスは「わらしべ長者」みたいなものです』

という話をしているのですが・・・。

それは、まさしく『せどり』にこそ、ピッタリ当てはまるものだと思います。

 

スタートは少額のお金からスタートして、せっせとブックオフに通い、

105円や200円均一の棚から高く売れる本を買ってきては、

それが、アマゾンで1000円や2000円で売れます。

 

5000円以上で売れるものもあります。

 

そして、そのお金でまた仕入れに行き、またアマゾンで売る。

 

それを繰り返していくことで、どんどん膨らんでいくわけです。

 

『せどり』というと、スタートするのに大きな金額が必要に思われるかもしれませんが、

実は、それほど大きな金額は必要ありません。

(ただ、最初の資本が大きいほど、成功するスピードは早いです)

 

「私には、そんなにすぐに用意できるお金がないんです」

というような人でも、とりあえず30万円ぐらい用意すれば、

資金を膨らましていくことが可能なんですね。

 

(別に10万円からでも不可能ではありません。ただし、少し時間がかかるだけです)

 

これは、スタートするのに、必要な(アイテム)道具を揃える金額も入ってます。

 

現在、全くお金がなくても、バイトでもなんでもすれば、

30万円ぐらいなら、すぐに稼げますよね。

 

(ただし、クレジットカード〈20万円以上使える余力〉があれば、10万円もあればなんとかなります。これについては、また何かの機会に詳しく話したいと思います。)

 

それからスタートすればいいわけですよ。

 

ただ、生活をしていくお金は必要なので、それは別になりますけどね。

 

1ケ月目から生活できるレベルを稼ぐには、もう少し大きな金額が必要です。

 

こうして、まずは本からスタートして、

どんどん交換を繰り返していき資金を大きくしていくわけです。

 

資金が大きくなってくれば、それ以外のCDやDVD,ゲーム・・・など。

 

扱う商品の幅も拡げていけばいいというわけです。

 

ただ、現時点では、本だけでも十分いけると思いますけどね。

 

実際、私も10月から始めて、現在2ケ月目ですが、

本だけでも11月の月商は50万円を楽に超えています。

 

「『せどり』なんて、もはや飽和しているでしょう」

なんていう人が多いですが、全然稼げてしまうんです。

 

ネットビジネスで稼ぎたいという人は、

まず『せどり』で稼ぐことをオススメしますね。

 

一緒に、現代の「わらしべ長者」になりましょう。

 

 

 

コメントを残す