『せどり』の楽しさは朝買った本が夕方には売れることもあること

おはようございます、HIROです。

 

昨日、朝からブックオフに仕入れに行ったのですが、

ここ最近では珍しく、全然仕入れるものがほとんどありませんでした。

まずは、1店目でいつものように単行本の200円均一の棚からチェックして、

仕入れるものが1冊という状態だったので、すぐに2店目に移動。

 

やはり単行本の200円均一をチェックするも、またもや1冊しか出ず、

しょうがないので、新書の105円コーナーに行き10冊ほどゲット。

 

その後、単行本の「プロパー」コーナーに行きチエック。

普段は、セール以外でプロパーの商品を仕入れることはまずありません。

(「プロパー」とは、ブックオフでは1番値が高く、定価の約半額で売られている商品で、ブックオフが買い取りをしたら、まず置かれるコーナーの商品)

 

すると、「溶ける大王製紙前会長 井川意高の懺悔録(単行本ソフトカバー) 井川 意高 (著) という本があり、利益がアマゾン手数料などを引いても300~400円ほどあったので即購入。

あ、この本の話題は、大きなニュースになりましたよね。

 

WS000367

 

しかも、他にライバルもいなく、販売予定日数も2日というように表示されていて、本自体も新品に使い状態だったので、すぐに売れるだろうと判断したわけです。

仕入れ値は750円でした。

(この販売予定日数というのは、私が使っているシステムで、本の「ISBNコード」を打ち込むか、「バーコード」を読ませると、スマフォに表示される販売できる目安)

 

ちなみに、このときのアマゾンの状況はこんな感じでした。

 

WS000368

 

なぜか、定価が1470円なのに、上を見れば、送料を入れると定価以上になる値段でしか出品されていないという・・・・。

この時点では、アマゾンから普通に定価(1470円)で、しかも送料無料で売られていたので、普通なら新品を書いますよね。

 

WS000369

 

そこで、1100円で出品(送料を入れても1350円)で出品しました。

定価との差額は120円ですが、この本自体が新品に近いコンディションだったので、少しでも安く買いたいという人は、即購入するだろうとの判断です。

 

通常であれば、単行本はFBAというアマゾンのシステムを使って、

アマゾンから配送する形で出品するのですが、

これは即売れるだろうと判断して、自己配送で出品しました。

 

時間は、帰ってきてすぐだったので、午後1:30頃。

 

すると、午後2:01に、即売れていました。↓

 

WS000370

 

仕入れ値が750円で、売値が1100円+250円(送料)=1350円です。

アマゾン手数料が225円ですから、振り込まれる金額は1125円。

利益は375円ですが、ここから送料が必要になりますよね。

 

 

たった375円と思うかもしれませんが、

交換によって、ほんの数時間でお金が膨らんだわけです。

 

ポイントは、仕入れてから売れるまでのスピード。

これが短いほど、お金が増えていくスピードが早いわけですよね。

 

まさに交換によって、増幅させていくことが可能だということ。

(現代のわらしべ長者や錬金術だといえませんか)

 

これを数こなしていけばいいわけですよね。

 

しかも、アマゾンは2週間に1回の入金があります。

 

この日は締め日の前日で、この1125円は、

4~5日後に振り込まれることになります。

 

これが、アマゾン特有のFBAというシステムを使えば、

配送すらアマゾンがおこなってくれます。

(ただ、手数料が少し高くなりますが)

 

実は、このアマゾンのFBAを使うことで、

在庫を保管する必要もなく、発送の手間もいらなくなるというわけです。

 

楽しすぎると思いませんか。笑

 

 

FBAについては、こちらの記事を参考にして下さい。↓

せどりを効率化するアマゾンFBAについて解説

 

では、以上です。

コメントを残す