せどり収入アップの秘訣 | 高額でランキングの低い本の扱い方

おはようございます。

 

ここのところ、以前に仕入れていた高額本がよく売れてます。

 

しかし、高額本が売れると、

ドーパミンが溢れてくるんですよ。

(ドーパミンとは、脳内ホルモンの一種で気分を高揚させる効果があります)

 

まさに、せどりの醍醐味といえます。

 

______________________________________________

先日ブログで紹介した赤本なんかも高額でしたよね。

この記事です。↓
「本せどり」で外せない学習参考書の赤本は今月がピークです

______________________________________________
昨日はこんな本が売れてました。↓

WS000031

 

この本は、12月に200円均一で仕入れました。

それが、5675円で売れたんですよ。↓

WS000030

 

 

こちらの本は、10月に単行本500円均一で仕入れたもので、

ブックオフの1dayパスを使ったので、450円で購入しました。↓

(1dayパスとはブックオフの携帯会員サービスです)

WS000034

 

 

この本は、4677円で売れました。↓

WS000033

 

しかも、アマゾンランキングが本の中で81万位と低かったんです。

(アマゾンのランキングが高ければ高いほど、早く売れやすい傾向にあります)

 

だから、売れるまで少し時間がかかりましたけどね。

 

でも、81万位しては売れるのが早かったかなと思います。

 

最近は、ランキングが低い本は少し敬遠していたんですが、

改めて考えさせられました。

 

 

実は、このランキングの低い本の扱い方が、

さらに「せどり」の収入を伸ばすポイントになります。

 

ただ、高額な値段がついているからといって、

なんでも仕入れていると、不良在庫が増えてしまうんですね。

 

それに、アマゾンFBAに送ってしまうと、

売れるまで「在庫保管料」というのが毎月かかりますから、

それも経費になってしまいます。

 

だから、仕入れる本を厳選しなければいけないんです。

 

そのポイントは、それほど多くの需要はないけれど、

恒久的な需要があるような本を選ぶこと。

(多くの需要がないからランキングが低い)

 

といっても、それだけ聞いても少し難しいですよね。

 

この辺は、感覚的な要素が強いので。

文章ではうまく伝えれないんです。

 

実際に話して伝えれるといいんですけど・・・。

 

これに関しては、また別の機会に話したいと思います。

 

では、以上です。

 

 

 

 

コメントを残す