アマゾンFBAを使えば『せどり』をシステム化して月商100万円も

おはようございます、HIROです。

 

今日は、アマゾンにしかないFBAというシステムについて話したいと思います。

 

『せどり』というのは、本をはじめ、CDやDVD、ゲームなど、

高値で取引きされている商品を仕入れてアマゾンで売り、

その差額を儲けるというものです。

じゃ、Yahooオークションや楽天で売ったらダメなのかというと、

別に、それでも問題はないのですが。

(CDやDVDはYahooオークションの方がいい場合もあります)

 

ただ、少し手間がかかってしまうところが厄介なのです。

 

 

例えば、Yahooオークションであれば1商品ごとに写真をとる必要があります。

 

販売する本の数は、私の場合で2ケ月目で約600冊売っていますから、

それら全てを写真にとって出品するなんて、かなり大変ですよね。

 

でも、アマゾンであれば、すでに用意されている画像を使うことができます。

(ただし、画像がない商品もまれにあります)

 

これだけでも、かなりの時間短縮ができますよね。

 

さらに、アマゾンにはFBAというサービスがあって、

これを使えば、在庫管理、配送までアマゾンがやってくれるのです。

 

これが、あるから『せどり』が成り立っていると言えるのではないでしょうか。

実際、私もこのFBAがなければ、『せどり』はやらなかったでしょう。

 

では、FBAについて簡単に説明しますね。

 

まず、FBAとは、出品者の<在庫管理、注文管理、出荷、カスタマーサービス>

を代行し、出品者のAmazonでの販売を支援するサービスです。

 

ようするに、仕入れた商品をAmazonに送れば、在庫を保管してくれて、

商品が売れれば、商品を出荷してくれるのというわけですね。

 

流れはこんな感じです。↓

 

WS000371

 

 

当然、手数料はとられるのですが、

それを考慮しても利用する価値は十分にあるでしょう。

 

こうやって、自分の作業量を減らし、その時間を仕入れにまわすことで、

月商100万円も可能になるというわけです。

 

しかも、本だけでも達成してしまうでしょう。

 

在庫が増えてくれば、さらに伸ばしていくこともできます。

 

ということで本日は、アマゾンFBAについてでした。

コメントを残す