「本せどり」においては特に「仕入れの効率化」を考えていくべき

おはようございます、HIROです。

 

1月の「本せどり」の結果は、なんと売上ダウンしてしまいました。↓

 

WS000042

 

10月→240,793円

11月→585,396円

12月→915,855円

1月→900,459円

(本のみしかやっていません)

 

まあ、ほぼ横ばいですけどね。

 

ただ、2013年9月末からスタートして1月で4ヶ月が過ぎ、実践経験も積んできたので、かなり効率化ができた1ヶ月だったと言えます。

売上は横ばいでしたが、仕入れに行った日数が約半分ですみましたからね。

 

このブログやメルマガ登録ページ、Twitterアカウントを作ったり、新たに自分自身が進化するための勉強に忙しかったこともあったんですが、1月のテーマとしては、「いかに少ない日数で仕入れをして売上を維持するか」だったんです。

 

せどりの実践」において、この効率化というのは非常に重要で、このブログやメール講座で私が目指しているテーマである、「本せどりをキッカケに人生を変える」を実現するためには、避けては通れません。

 

ただ単に「せどり」で稼げるようになるだけなんて芸がなさすぎですからね。

 

やはり、その向こうにある世界を実現して欲しいわけです。

だから、「せどり」はあくまでもキッカケに過ぎないということを忘れないで下さい。

 

しかしですね、まず優先すべきは、ネットビジネスで最も結果が出しやすい「せどり」で結果を出すことです。

 

「いや、他にも結果が出しやすいビジネスはありますよ」

なんていう人もいるかもしれませんが、それは、小手先のテクニックを使った一時的なものであればあるかもしれません。

 

そんな小手先のテクニックで稼いでも、あなたには何の力もつきませんし、逆にテクニックにしか頼れないようになってしまい、その後本質的なビジネスでは稼げない状態になってしまいますからね。

 

楽に稼げるものばかり追いかけていてもダメなんです。

 

1つ言っておきますが、「せどり」は最も結果が出しやすいビジネスではありますが、何も「楽して儲かりますよ」とは言っていませんからね。

 

あなたが真の実力をつけたいなら、楽することは避けて下さい。

そんな幻想を追いかけてばかりいれば、いずれはどうしようもなくなる日がきてしまいます。

 

そうならないためにも、まずは「せどり」で結果を出しましょう。

 

以上です。

 

 

コメントを残す