ブックオフ「本せどり」の仕入れで初体験だった失敗

おはようございます、HIROです。

 

先日、FBAで売れた本の返品が来てしまいました。苦笑

CDがついている英会話の勉強系の本だったのですが、

返品理由は「CDが別のものだった」ということです。

2014-02-16 09.52.52

 

これは初めての体験でしたね。

本を仕入れるときには必ず「付属品のチェック」「書き込みのチェック」はするのですが、まさか、入っているCDが別物だなんて考えもしていませんでした。

(ブックオフ、ちゃんとチェックしろよ!!って感じですよね)

 

今後は、付属品が正しいかのチェックもしないといけないなと思っています。

 

本せどり」や「CD、DVDせどり」などで仕入れに行ったときは、

必ず、このチェックは丁寧にやって下さい。

 

「付属品がない」とか「書き込みがある」ということは、

商品の価値が極端に下がってしまいます。

下手したら、売れ残りで廃棄ということにもなりかねません。

 

まあ、売れる前に気づけば、ブックオフに返品すればいいんですが、

あまりに古いものだと、返品もできずに損失になってしまいますからね。

 

特に、勉強系や資格系でCDやDVD付きのもは要注意です。

それと雑誌ですね。

 

雑誌はいろんな付録がついてあるので、欠品していることが頻繁にあります。

 

どんな付録がついているかを知るには表紙を見ればわかるのですが、ただ、ぱっと見た感じではどんな付録がついているのかがわからないことが多いです。

 

そんなときの確認方法は、アマゾンの他の出品者を見てみることです。

すると、丁寧にコンデションのところに書いていてくれている人がいます。

 

これらの作業は、少し面倒くさい作業ですが、

キャッシュフローを上げるためには重要なことだと思います。

それに、返品がきたりする手間も時間の無駄ですからね。

 

是非、気をつけて下さい。

 

最後にもう一つ。

 

ブックオフで本を探していると、たまに「著者のサイン入り」の本があります。

ただ、これはかなり微妙で、

人によってはプレミア商品になる価値があるのですが、

ほとんどの人にとっては、ただの書き込みだといえます。

 

よほど有名な著者でないかぎり、サインはただの書き込みと判断していいと思います。

 

では、本日も頑張っていきましょう。

 

 

PS

今日は仕入れは休んで、ブログやコンテンツの作成に精を出します。

 

コメントを残す