せどりの極意 | アマゾンの評価率で商品の売れ方は相当違います

おはようございます、HIROです。

 

買おう買おうと思いながら、なぜか使っていなかったのですが、ようやく楽天で購入しました。

そうです、「出品用のバーコードリーダー」です。

これ↓

2014-02-18 12.33.44

 

せどり」や「転売」やるなら必須のアイテムですよね。

 

まあ、買ったといっても、サイトアフィリで自動的に貯まる楽天ポイントで買ったんですが・・・。

しかも、2599円(送料無料)という安さです。

これまで出品の際は、めんどくさいことにISBNコードを手打ちでしていましたので、バーコードリーダーを使うと、思っていた以上に楽できます。

安いのに、もっと早く買えばよかった・・・。

 

実は、このバーコードリーダーというのは、かなり種類があって、しかも値段がまちまちなんです。

だから、選ぶのに相当悩んだんですが、レビューを参考にして値段が安くてメーカー保証が1年以上ついているものを選びました。

まあ、安ければ失敗してもいいですからね。

 

ただ、いくら値段が安くても、レビューに「購入後すぐに壊れました」なんて書かれていたら、そんな商品は買わないと思います。

私やあなただけでなく誰もがそう考えるはずです。

 

実は、ここに「せどり」をやる上で非常に大切なポイントがあります。

 

消費者に、たくさん出品されている商品の中から、あなたが出品している商品を選んでもらうには信用が大切です。

 

その信用というのは、アマゾンの評価率で100%決まってしまいます。

というか、そこしか見るところがないですよね。

 

私の現在の評価率は98%ですが、やはり最低でも97%の評価はキープしていた方が売れやすいのは確かです。

 

レビューというのはCDやDVDの場合は関係ありますが、本の場合であればそれほど気にする必要はありません。

 

とにかく、少しでも評価率を上げる努力をして下さい。

 

同じようなコンデションと値段で出品していたとしたら、評価率が高い方を選ぶに決まっていますからね。

この評価率を上げる方法については、いろいろとあるんですが、それは、またの機会に話したいと思います。

 

以上です。

 

 

 

 

コメントを残す