せどりのモチベーションを保つためにドーパミンを意識すべき

おはようございます、HIROです。

 

せどり」というビジネスで稼ぎ続けるためのモチベーションを継続していくのは、意外と難しいと感じている人が多いようです。

実際、ブックオフに来ているメンバーも頻繁に入れ替わっていますからね。

 

普通に仕事だと考えれば、それほど大変なことをしていないと思うんですが、なぜかそう思えないんでしょう。

でも、そういう人の勤めている仕事はもっと大変なはずです。

仕事はできるのに「せどり」は続けれない。

なぜなんでしょう?

 

結局、雇われて強制的に仕事に行かないとダメな環境であれば何とかできるけど、自発的にやらなければいけない環境では続けれないということだと思います。

しかし、本当に自由な人生を生きたければ、その自由な環境で自分をコントロールしていけないと、一生奴隷のように働き続けるしかないわけです。

 

あなたが自由自在な人生を作り出すためには、セルフコントロールは必須。

そこで、大切になってくるのが「ドーパミン」という脳から出てくるホルモンです。

 

私のメインメルマガを読んでもらっているなら、ドーパミンは頻繁に登場するのでよくご存知だと思います。

 

先日のこの記事でも話しましたよね。↓

「せどり」というビジネスは脳科学と心理学を活用すべき

 

ドーパミンは「やる気ホルモン」と言われていて、あなたのやる気と深く関係しています。

 

では、せどりをやっていて、やる気が溢れてくるのはいつでしょうか?

高額な値段がついているお宝本を見つけたり、短い時間で大量仕入れができて、大きな利益が手に入ると感じたときなど、自分自身でやる気がみなぎっているのを感じませんか?

 

まさしく、そんなときにドーパミンが溢れている瞬間です。

その瞬間に「今、ドーパミンが溢れているよな」って自覚してみて下さい。

そして、その時の感覚を覚えていて下さい。

 

すると、どうすればモチベーションを継続していけるかということが感覚でわかってきます。

 

これって、せどりに限らずどんなことにでも応用できますから是非身につけて下さいね。

 

本日も、ドーパミン全開で仕入れに行ってきます。

 

 

 

 

コメントを残す