せどりや転売において価格の下げ合いは共倒れになってしまう

おはようございます、HIROです。

 

アマゾンに出品していてよくあることですが、

最初に出品した価格に比べて売れた価格が極端に低くなっているときがあります。

 

いわゆる「値崩れ」してしまった状態ですね。

 

これは、まったく道理が分かっていない出品者が早く売りたい一心で、

最安値へと下げ合いを繰り返した結果起こったわけです。

 

別にせどりに限らず、値段の下げ合いが始まってしまうと、

ビジネスをするものにとって、誰も得することはないのです。

(得するのは消費者)

 

絶対に「価格競争」はタブー。

結果「共倒れ」にしかなりません。

 

では、どうすればいいのかというと、よく考えればわかるのですが、ある程度売れ筋の商品であれば多くの需要があるわけです。

 

だから、慌てて値下げしなくても順番が来れば売れていくはずですよね。

 

簡単な話、現在出品されている最安値の価格に合わせて全員が出品すれば、その価格がずら~と並ぶ状態になりますよね。(これは、あくまでも本のコンデションがほぼ同じ場合ですが)

 

しかし、これをアマゾン出品者全員が理解できることはないでしょう。

だから値崩れを回避するために、何点か注意しておかないといけないことがあります。

 

それは仕入れの段階において、ただアマゾンで高い値段がついているというだけで仕入れてはダメだということです。

価格以外にチエックしておかなければいけないことは、アマゾンランキングです。

 

あまりにランキングが低い本を仕入れてしまうと、売れるのに時間がかかってしまいますし、もしくは売れ残ってしまうということもあるんです。

それに、売れにくいと値段の下げ合いが起きやすくなりますからね。

 

それと、他の出品者の数です。

たくさんの出品者がいれば、やはり価格の下げ合いが起きやすくなります。

 

全ては需要と供給のバランスです。

 

ただ、「本の品質」と「コンデションの書き方」次第では、

別に最安値でなくても売れるということを覚えておいて下さい。

 

ここにせどりの極意が隠されているんです。

 

では、本日も頑張っていきましょう。

コメントを残す