本せどりの醍醐味 | 雑誌は意外なお宝があるんですよ

おはようございます、HIROです。

 

このところ高額本が売れまくりです。

昨日は雑誌だったんですが、8980円で売れてました。

 

これが写真です↓

WS000101

WS000100

 

こういうことがあるから、雑誌もおいしいんですよね。

 

やはり、せどりは楽しい。

 

アマゾンの管理画面を見て、売れている冊数のわりに売上金額が極端に増えていると、すぐに高額本が売れたんだなとわかるわけです。

 

で、確認してみると、

「あ~、この本ね。売れたんだ」って、

文章だと冷静そうですが、かなりドーパミン出まくってましたね。

 

だから楽しいし、さらなるモチベーションになります。

 

この本はブックオフの雑誌コーナーにあったんですが、定価が2415円なので、その約半額の1300円だったと思います。

それが、「雑誌半額セール」で650円でした。

さらに、1DAYクーポン使用で585円が仕入れの値段ですね。

 

これは、かなりおいしいですよね。

 

出品は1月14日だったので、約2ヶ月で売れたことになります。

 

585円が2ヶ月で8980円に化けたわけです。

これこそ、せどりの醍醐味だと思いませんか。

 

でも、これは誰にも起こりうることです。

 

もはや単なるお金儲けというより、

「トレジャーハンティング」と言ってもいいんじゃないでしょうか。

 

だから、楽しいんですよ。

 

でもあるときは、まったく仕入れるものがなくて、とぼとぼと帰るときもあったりします。

 

そんなときに、

「やっぱり自分には合ってないのかな」

なんて思い辞めてしまっていれば、そんな最高の体験もできませんよね。

 

こういうことをイメージできているかが、最終的に成功できるかを決めるんです。

 

覚えていて下さいね。

 

コメントを残す