ブックオフで「せどり」やるなら最低限のマナーは守ろう

おはようございます、HIROです。

 

本日は、せどりのノウハウではないですが、少しマナーについて話してみたいと思います。

ブックオフなどの店舗に行くと、いろんな「せどら~」がいるのですが、平気で一般客に迷惑をかけているような人がいます。

 

例えばあなたが本を検索していたときに、一般客が同じ棚を見にきたらどうしますか?

無視して続けますか?

私は、必ず「この棚見られますか」と話かけるようにしています。

もし、「はい」と言われたなら、その棚は後で見ればいいわけですから、飛ばして次の棚に移動するんです。

 

でも、そうやって気遣いをすると大概の人は「大丈夫です」と言ってくれるものです。

(話しかけても無視する、たまに変なお客もいますが・・・)

 

この一言を言われるだけで、相手からすれば「気を使ってもらってる」ということが感じられ、気分が良くなるものです。

 

しかし、ブックオフなどで見ていると、

ほとんどの「せどら~」は、まったく無視して本を探すのに必死です。

特にセールのときなどは、その傾向が強いように感じます。

 

でも、一般の社会でうまく共存していこいうと思うなら、やはり最低限のマナーは守るべきなんじゃないでしょうか。

そういったマナー違反の人がいることで、せどりというビジネスのイメージが悪くなってしまいますからね。

だから、バーコードリーダー禁止の店が出てきたりするんですよ。

 

別に、ブックオフで本を探すことは悪いことでもないし、逆に店の売上に貢献しているわけですから感謝されなきゃいけないはずなんです。

ブックオフ側からすれば、定期的に大量の本を買ってくれる「せどり」は上顧客なはずですからね。

 

ほんの少しの気遣いでまったく違ってきますから、少し意識していて下さい。

オーナーの立場からすれば、店内の秩序が乱れることを嫌がっているんです。

 

 

アルバイトの店員なんかだと、そんなことまで考えてはいないと思いますが。

 

ということで、本日はマナーについてでした。

 

コメントを残す