せどりを『やるべき人』と『やらなくていい人』の違いは?

おはようございます、HIROです。

 

今日は、「せどり」を『やるべき人』『やらなくていい人』というテーマで話していきたいと思います。

 

まず、『やるべき人』ですが、

1.とりあえず生活するお金が必要な人

2.数万円でも副収入が欲しい人

3.すぐにでも毎月の安定収入が欲しい人

4.時間的な余裕を持ちたい人

5.とりあえずネットビジネスでの実績を作りたい人

このどれかに当てはまる人はすぐにでも始めるべきでしょう。

 

では、1つずつ解説していきますね。

 

まず1番ですが、

現在、毎月の生活費に困っているという人は一刻も早く始めて下さい。

別に「せどり」じゃなくて、アルバイトでもいいと思いますが、いろんな事情があり働けない人もいるかと思います。

それと、勤めるのが自分には合っていないと思う人は他人を気にすることなく、黙々と一人でもやれるからいいのではないでしょうか。

 

ただ、「せどり」を始めるにはある程度の資金が必要になります。

理想は50万円ぐらいですが、20万円でもできないことはありません。

ただ仕入れが全力でできないので、稼げる金額に制限が起きてきます。

 

クレジットカードが使えるならキャッシュは10万円でも可能です。

 

2番のタイプの人は、

「あと数万円あれば生活が助かるんだけど」

なんていう人ですね。

 

主婦の人や副業で考えている人だと思いますが、

自分の空き時間を使ってできるので、そういう人にはピッタリだと思います。

 

3番の「すぐにでも毎月の安定収入が欲しい人」は、

とにかく始めるべきです。

 

やっていない人から見ると、「せどり」なんて安定していなくて、毎月稼ぎ続けることができるのか不安だと思うかもしれませんが、現時点ではこんなに安定しているビジネスはないと思います。

 

しかも、稼げるようになるまで早いのが「せどり」のいいところです。

ただ、ブックオフが無くなれば稼げなくなってしまうので、今のうちに「せどり」で稼いで、その間に違うビジネスも始めていくのがいいと思います。

(まあ、すぐには無くならないですけど)

 

これは次の4番とも関係してくるのですが、時間的な余裕を持てるようになれば、新たなビジネスも展開していけますからね。

 

せどり」で生活費が稼げるようになれば、

その分、時間的な余裕ができるということになります。

 

 

最後の「ネットビジネスで実績を作りたい人」については、今後メルマガなどのビジネスを展開していきたいと考えている人が、とりあえず実績を作るのには一番簡単で早いです。

 

せどり」を皮切りにビジネスを拡げていくのが、収入を確保しながら自由な人生に向かっていける、最も簡単なルートだと現時点では考えられます。

 

このブログやメルマガで私が言いたい1番のことがこれですね。

 

せどり」で稼げるようになることは、あくまでもスタート地点に立ったに過ぎないということを決して忘れないで下さい。

 

生活できるぐらいの収入が稼げるようになったからといって決して安心しないことです。

 

最後に、逆の『やるべきでない人』というのは、他のネットビジネスで十分な結果が出ている人です。

もしくは、十分なお金がある人も必要ありません。

 

これらの人たちは、もっと違うビジネスにチャレンジしていくべきですね。

 

 

私は他のネットビジネスで結果が出ていてスタートしましたが、

これはかなり特殊なパターンだと考えて下さい。

 

これにはいくつかの理由があるのですが、それについてはまた話しますね。

 

では以上です。

 

コメントを残す