これだけ「せどり」人口が多いのに108円均一で利益がとれる理由

おはようございます、HIROです。

 

消費税上がりましたね。

ブックオフでも105円が108円になっています。

 

まあ、そんなに変わらないですけどね。

駆け込み需要で、すごく騒いでいた世間が不思議な感じです。

 

車とか家とか高額なもの買うなら、3%でも大きいかなと思いますけど・・・。

日常生活には、それほど影響ないのではないでしょうか。

 

そんなことで神経すり減らすより、

毎月5万円でも余分に稼ぐこと考えた方がいいです。

 

今は、ネットがあるので、

情報さえ持っていれば、稼ぐ方法なんていくらでもありますからね。

 

ということで、本日の本題にいきましょう。

去年の9月末に「せどり」を始めたとき、まず基本どおりに、ブックオフの108円均一コーナーや200円均一コーナーをチェックしていたのですが。

(当時は105円均一でした)

 

不思議に思っていたことが、

『なぜ、こんなに多くの「せどら~」がいるのに、本がとれるんだろう』でした。

 

実は「せどり」を始めるとき、「本当に稼げるんだろうか」

とかなり疑心暗記だったのです。

 

だって思いませんか?

たくさんの「せどら~」がきて、

こんな棚、すでに調べてるんじゃないかと。

 

でも、いけば利益の出る本があるんですよね。

 

当然ですが、ブックオフでは常に新しい本が入ってきています。

そして、ある期間売れずに残っていれば、

それらの本は108円や200円均一コーナーに降りてくるので、

毎日、新陳代謝しているのも確かです。

 

それでも、厳しいんじゃないかと思っていました。

 

実は、その謎が最近解けたんです。

 

それは、私自身が108円や200円の棚はほとんど見なくなったからです。

これが、答えでした。

 

せどり」を始めた頃は、どんな人でもまず108円や200円の棚から始めるものですが、ある程度慣れてくると、セール時でのプロパーの棚中心になってくるもんなんです。

 

プロパーの場合は、どうしても仕入れ金額が増えてしまいますが、

本は綺麗だし、利益も大きくなりますからね。

 

だから、意外と盲点なのが108円や200円の棚だったりするんです。

結局、みな同じ道を通ってるってことですね。

 

それともう1つは、辞めてしまう人が多いのもあります。

「せどり」はブックオフの本だけでなく、「せどら~」も新陳代謝が激しいですからね。笑

 

仕入れ資金が少ない場合は、

こまめに108円や200円の棚をチェックすることをお勧めします。

 

意外な掘り出しもんも見つかったりするかも・・・。

 

では、以上です。

 

 

 

コメントを残す