転売仕入れ判断 | モノレート(旧Amashow)の分析法~応用編~

前回の基礎編で、モノレート(旧Amashow)の見方については理解できたと思います。

 

モノレート(旧Amashow)↓

http://mnrate.com/past.php

 

本日は、もう少し実践的な仕入れ判断ができるように、

実際に私が電脳(ネット仕入れ)で仕入れた商品を例に見ていきましょう。

 

この商品なんですが。↓

スクウェア・エニックス SQUARE ENIX
アルティメットヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁 [DSソフト]

WS001044

 

ヨドバシ・ドット・コムで2500円送料無料で購入しました。

しかもポイントが10%つくので、さらに250円安く買える計算になります。

仕入れ値は、2250円とします。

 

まず、この商品をモノレート(旧Amashow)で検索するとき、

JANコードがわかっていれば問題ありません。

 

しかし、商品名しかわからない場合、上記の↓

_________________________

スクウェア・エニックス SQUARE ENIX
アルティメットヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁 [DSソフト]

_________________________

で商品キーワード検索をするとうまく表示されません。

 

そこで、前回も話しましたが、

単語を区切って短く検索するのがポイントになります。

 

で、「アルティメットヒッツ ドラゴンクエストV 天空の花嫁」で検索すると表示されます。↓

WS001051

 

DSソフトは上の方なので、クリックすると。

WS001045

 

 

新品が52となっていますので、

まず、アマゾンの新品の出品ページを見てみましょう。

WS001046

 

最安値が3385円+350円(送料)=3735円で、FBA最安値が3880円です。

 

この場合、FBAで出品すれば3880円で売れると思いますが、

一応、最安値の3785円でFBA料金シミュレーターで、

実際に振込まれる金額を計算してみると↓

FBA料金シミュレーター

______________________________________

WS001045

モノレート(旧Amashow)から直接飛べます。(上の赤マルをクリック)

______________________________________

WS001054

 

FBAで出品して売れた場合、3073円が入金されることになります。

ということは、3073円-2250円=823円が利益として残る計算です。

投資利益率としては約36%の計算になります。

投資利益率とは、投資した金額に対しての利益率です)

 

電脳(ネット仕入れ)では、なかなか高い利益率ですよね。

「では、これは仕入れましょう」

と簡単に考えてはいけないのです。

 

そこで、ここからが少し実践的な話になっていきます。

 

まず、これを検証しているのは1月13日です。

そして、実際に私がこれを仕入れたのは前年の12月半ば頃でした。

(ちなみに、5個注文して年始に全て売り切りました)

 

ここで、年末商戦という時期を考慮に入れて考える必要が出てくるのです。

 

まず、前提として12月~1月というのはおもちゃ・ゲーム・CD・DVDは特によく売れます。

しかもアマゾンが在庫切れを起こして、プレミア価格になるものが増えてくるのです。

そのとき、価格に歪みが生まれてきます。

 

私がやったのはその価格の歪みを狙った仕入れだったんです。

それが、「最安値のグラフ」に現れています。↓

WS001055

あきらかに12月最初から最安値が上がってきていますよね。

(新品も中古も両方です)

そして、「出品者の積み上げグラフ」はというと、

WS001056

どんどん出品者が増えてきています。

 

さらに、「ランキングのグラフ」を見ても高いところで推移していますよね。

 

では、これからどうなっていくと予想しますか?

少し考えてみて下さい。

(ここで、自分で考えるということが大事になります)

 

 

私の予想では、おそらく1月末にかけてどんどん売れなくなってきます。

(2月というのは、どんな業種でも1年のうちでもっとも売れない時期です)

よって、1月13日の時点では仕入れないほうがいいという結論になるわけです。

 

しかも、このヨドバシ・ドット・コムは「取り寄せ」になっていますよね。

WS001044

 

 

ということは、今注文しても届くのは2月に入ってからかもしれません。

実際に私が12月半ばに注文して届いたのが27日でしたからね。

 

これは、今(1月13日時点)で購入しても、

投資利益率が36%では売れないでしょう。

まあ、損することはないと思いますけどね。

 

と、こんな感じでモノレート(旧Amashow)を使って仕入れ判断をしていくわけです。