他の「せどら~さん」との差別化中級仕入れテクニック(ハピタス編)

本日は、具体的なハピタスでの仕入れを実践したいと思います。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ハピタス

 

ハピタスの中の「NTT-X Store」

というサイトからの仕入れをやってみます。

 

ただ、このサイトは多くの「せどら~」さんがチェックしているので、

ライバルも多く、価格競争になりがちです。

 

仕入れてもあまり利益が出なかったなんてこともありえますので、

あまり1つの商品をたくさん仕入れるのはお勧めしません。

(これは、私の経験から言っています)

 

イメージとしては、利益商品を見つけたら、

1~2個を短期で売り切る感じですね。

 

かなり売れ筋なものなら、

私なら、4~5個以上仕入れることもあります。

 

この仕入れ個数については、モノレートの波打ち具合で決めます。

 

で、普通に探していても頻繁に利益が出る商品は見つかるのですが、

今日は、少し中級者の仕入れをしてみたいと思います。

(先ほどリアルタイムで私が仕入れました)

 

まず、検索してみて、下記のように出てきたら、

「ポイントを貯める」というのクリックします。

 

______________________

ちなみに、ハピタスで貯まるポイントは0.6%です。

還元率2%のクレジットカードで購入すると、

2.6%が利益にプラスされることになります。

(例えば、100万円使うと26000円)

 

これって、大きいですよね。

 

このハピタスで申込みできるクレジットカード

「リクルートプラス」は2%なので、

後で、検索して作っておいて下さいね。

______________________

 

hapitasu

 

すると、「NTT-X Store」のサイトに飛びます。

NTT-X STORE8JPG

 

このサイトでは、毎日「Night sale」というのをやっていて、

20:00~8:00の間は、安く変えるコーナーがあります。

NTT-X STORE9JPG

 

このコーナーは要チェックですね。

 

で、上から1つずつモノレートで調べてみると、

1つ、おもしろい商品が見つかりました。

 

NTT-X STORE10JPG

10916円ですが、「Night sale」で1936円引きの『8980円』で

仕入れることができます。

NTT-X STORE11JPG

では、これをモノレートで見てみましょう。

NTT-X STORE2JPG

NTT-X STORE3

 

まず、波打ちは全く問題なしの超売れ筋商品です。

最安値で出品すれば、すぐに売れていくでしょう。

 

で、最安値はどうでしょう?

アマゾンの出品者一覧ページに飛んでみましょう。

NTT-X STORE4

おっと、アマゾンが出品しているじゃないですか。

しかも、10916円の最安値で。

これは、最悪です。

 

『FBAシュミレーター』で利益計算をしてみましょう。NTT-X STORE6

手数料を引いて残るのは、9460円です。

(これは、最安値アマゾン価格(10916円)に合していますが、

実際はアマゾンより少し安くしないと売れにくいです)

 

仕入れ値が8980円だったので、

9460円-8980円=480円が利益として残ります。

 

投資利益率はというと、

480円÷8980円=0.05345・・・

ということは、約5%ということになります。

 

これでは、仕入れる「せどら~」はいないと思いますね。

 

はい、ここまでが通常の仕入れのパターンです。

これで利益がもう少しあれば、仕入れ対象になります。

(仕入れ基準は人によって違います)

 

が、ここからが「差別化中級仕入れテクニック」になります。

最初にも言いましたが、私はこの商品を3個仕入れました。

 

「なぜ?」って思いましたか?

では、その理由を解説していきますね。

 

まず、先ほどのアマゾンの出品者一覧ページを

もう1度、よ~く見て下さい。↓

NTT-X STORE4

 

アマゾンが最安値ですが、

それ以降の出品者は、FBA最安値が13460円です。

これは、どういうことでしょうか?

 

少し考えればわかると思いますが、

もし、アマゾンが在庫切れを起こせばどうですか?

 

FBA最安値が13460円になり、FBAシュミレーターで計算してみると。

NTT-X STORE5

手数料を引いて残るのが11750円になります。

仕入れが8980円だったので、

11750円-8980円=2770円になります。

 

投資利益率はというと、

2770円÷8980円=0.3084・・・

ということは、約30%に変わりました。

 

これなら、誰でも仕入れるでしょうね。

 

で、ここで問題はというと、

アマゾンは在庫切れを起こすのかということです。

 

そこで、アマゾンの在庫の個数を調べるために、

個別の商品ページに飛んでみましょう。↓

NTT-X STORE7

 

アマゾンの現在の在庫は5個あります。

これぐらいの売れ筋商品なら、5個なんてすぐに無くなるでしょう。

 

一応、「入荷予定あり」と書いてありますから、

アマゾンもまだ仕入れてくるので、もう少し増える可能性は大ですけどね。

 

しかし、いずれは在庫切れを起こすことになります。

少し待つ余裕があれば、仕入れてもOKという判断になるというわけです。

 

1ケ月で売り切るには、微妙なところですが、

2~3ケ月あれば、十分売るチャンスはあると思いますよ。

 

万が一、チャンスが来なくて売ることになっても、

赤字になる可能性は少ないでしょうね。

 

と、こんな感じで同じものを見ていても、

引き出す情報によって、人とは違った戦略がとれるわけです。

 

こんな戦略は無限に出てきますので、

ライバルが多いサイト仕入れでも、

まだまだチャンスはあるということです。

 

ライバルが少ないサイトも、まだまだ存在しますし、

「卸仕入れ」なんかに取り組むようになれば、

あなたが独占して仕入れる場所を見つけることも可能なんです。

 

可能性は無限と言っても、言い過ぎじゃないでしょうか。