せどり入門講座 | ブックオフのセールをうまく活用しよう

どうも、HIROです。

 

ブックオフの店舗や本の種類は把握できたでしょうか?

 

前回の記事でも言いましたが、まずは慣れることが大切です。

最初からうまく仕入れができなくても大丈夫なので、焦らないでくださいね。

 

では、次にブックオフのセールについて解説していきます。

 

せどりで大きく稼ぐためには、このセールというのは非常に重要です。

 

ただ最近、ブックオフの直営店では、ほとんどセールをやらなくなってしまいました。

(会社の方針のようですが)

しかし、フランチャイズ店では従来通りのセールが定期的に行われているので、

これには欠かさず行くようにして下さい。

 

前回話した携帯会員になれば、セール情報は簡単に入手できますので、まだ登録できていない場合は今すぐに登録しておきましょう。

 

 

まず、どんなセールがあるかですが、

__________________

1.単行本500円均一セール

2.本半額セール

3.雑誌・児童書半額セール

4.新書・文庫250円均一セール

5.活字本半額セール

6.単行本半額セール

7.写真集半額セール

8.新書・文庫半額セール

9.単行本30%セール

10.雑誌・児童書30%オフセール

11.本30%オフセール

_________________

などですね。

 

地域によっては、少し違ったパターンもあるかもしれませんが、

だいたいこんな感じだと思います。

 

この中で、特に高額な利益が見込めるのが、「単行本500均一セール」です。

 

定価が高い専門書や辞書なんかも全て500円で買えるので、

かなりおいしいセールとなります。

 

次に、「本半額セール」もかなりの仕入れができるセールです。

 

なぜなら、これは対象が全ての本なので、

他の「せどら~」がたくさん来ていたとしても仕入れる余地があるからです。

 

ただ1つ言っておくと、初めて行くセールは少し驚くと思いますよ。笑

 

実は、私が初めてブックオフへ行ったのが、「雑誌半額セール」でした。

10:00オープンの10分前に店舗に到着したんですが、

すでに10人ぐらいが並んでいるのが見えて驚いたのをよく覚えています。

(まあ、全員が「せどら~」というわけではなかったんですが・・・)

 

店がオープンすると、せどら~が大量にカゴに本を入れていくのに圧倒されて、1冊も仕入れることができず惨敗で帰ることになってしまいました。

 

正直、「せどり」をやっていけるのか少し不安になりましたが、

「まあ初日だしこんなものだろう」と自分を納得させたのを覚えています。

 

かなりの敗北感があったのは事実ですけどね。

 

ただ、そんな敗北感も4回目に偶然行った店舗の「シークレットセール」で、大量仕入れができたときに全て消えてしまいました。

 

実は、この「シークレットセール」をうまく見つけることができるかで、あなたの「せどり」の利益は大きく変わってくるのです。

 

これについては、またの機会に話したいと思います。

 

次は、ブックオフの大量の本の中からどの棚を狙えばいいかについて解説します。

 

では、どうぞ↓
せどり入門講座 | ブックオフの仕組みとまず狙うべき棚とは?