せどり入門講座 | ブックオフの仕組みとまず狙うべき棚とは?

ブックオフの店舗選びと本の種類が理解できましたか?

 

では次に、ブックオフに行ってみたらまず思うことが、たくさんある本の中からどの棚を狙えばいいのか悩むと思います。

どんな小さな店舗であっても、全ての本をチェックするというのは不可能ですからね。

 

そこで今回は、高額な本が眠る「狙うべき棚」について話していきます。

 

と、その前にブックオフがお客さんから本を買い取ってから、どんな流れになっているのかを説明しておきますね。

 

まず、買取りが終わると店内の棚に補充するのですが、ただ同然で買い取った(もしくは値がつかなかった)古い本は、105円均一コーナー(200円均一の店も増えてます)に行きます。

そして、比較的新しいきれいな本は、プロパーと呼ばれるブックオフでは最も高額な本の棚に補充されるのです。

それが、約定価の半額の値札がついている商品です。

 

ただ最近は、特に直営店での話ですが、半額ではなくもっと高い値段で売られている本をちょくちょく見かけます。

どうやらブックオフが、ネットで高値で取引きされている商品を少し高い値段で買取り、高い値段で売るように変えてきているのです。

 

しかし、それはほんの1部であって、おそらく全ての本に対してそうするのは不可能ではないかと思います。

それに、フランチャイズ店ではまず不可能でしょう。

実際にネットで取引きされている本を見分けるためのシステムと人件費を考えれば、明らかにコストがかかり過ぎるからです。

 

このブックオフの変化については、またの機会に詳しく解説します。

 

話を戻しますが、初心者であれば、まずは105円均一か200円均一の棚から狙っていくことをお勧めします。

なぜなら仕入れ金額が低くすむので、最小限のリスクとお金でスタートできるからです。

まあリスクといっても、本せどりの場合は、まずトータルで損をするというようなことはありません。

 

それに、105円や200円均一の棚に思わぬお宝が眠っている場合もあるのです。

この105円・200円均一の棚がブックオフから消えたら、「せどり」というビジネスは成り立たないかもしれませんね。

 

そして、狙うべき棚はまず「単行本コーナー」。

実は、本の中で平均して高額で売れるのが単行本だからです。

単行本は元々の定価が高いですからね。

 

ということは、単行本の105円・200円コーナーがまずは狙い目だということです。

 

当然この棚だけでは、「本せどり」で生活するだけの収入を稼ぐのは難しいでしょう。

プロパーの棚も狙っていかないといけません。

 

しかし、プロパーは定価の約半額の値段なわけですから、仕入れ金額も跳ね上がることになります。

 

そこで、ブックオフのセールの時が狙い目となります。

 

では、次は単行本のセールについて解説したいと思います。

 

どうぞ↓
せどり入門編 | ブックオフの単行本セールを完璧に把握しよう