せどりの豆知識 | 自己配送のメリットとデメリットで使い分ける

こんにちは、HIROです。

 

前回の記事では、アマゾンFBAを推奨するような話でしたが、本日は自己配送についてもう少し詳しく話していきたいと思います。

この記事です。↓

せどりの豆知識 | 自己配送でせどりをやるのに必要な基礎知識

 

自己配送のやり方は、だいたい理解できたと思います。

では、自己配送のメリットはというと、当然本1冊あたりの利益率が高くなります。

 

せどりのブログや転売なんかの無料オファーを見ていると、売上がいくらになりましたということを前面に押し出していますが、大切なのは利益率です。

例えば、

<売上300万円で利益30万円>と、

<売上60万円で利益30万円>だと、

どっちがいいですか?

 

本せどりで考えると、仕入にかかるお金・本を運ぶ手間・送る手間・在庫の管理・・・。

当然、後者のほうですよね。

 

本をブックオフから持ち帰るのはかなり大変です。

普通の女性だと、そんなに多くは無理に決まってます。

 

そうなると、やはりできるだけ最小の売上で最大の利益が出せる方がいいと思いませんか?

 

ただ、今度はデメリット部分を考えてみると、

前回も言いましたが、専業主婦などで家での時間がとれる場合は自己配送でもいいと思うのですが、仕事を持ちながらの副業だとやはり時間的に不可能です。

 

そこで、私はFBA自己配送を使い分ける戦略をとっています。

 

まず、自己配送で一番の問題が在庫の保管場所です。

まだ本が少ないときはいいのですが、在庫が増えてくると家の中が本だらけという状態になってしまいます。

だから私は、小さな新書・文庫や単行本でも薄くて小さめ本だけ、自己配送で送るようにしているんです。

__________________________

本の種類についてわからない場合は、こちらの記事を読んで下さい。↓

ブックオフせどりで成功するために本の値付けとジャンル分けを知る

__________________________

 

メール便で送るにも大きな本はダメですしね。

そうすることで1冊の本の利益率を上げると同時に、FBAしか使っていない人が仕入れない本を仕入れることができます。

実は、この仕入れが大きなポイントになってくるのですが、これについては次回に話したいと思います。

 

以上です。